結婚式場が決まったら衣装選び!いつからはじめる?

挙式半年前からはじめる衣装選び

衣装選びは結婚式場が決まった後に、挙式の半年前から始め、遅くても挙式の3ヶ月前には予約を決定しておくことが重要です。名古屋は依然として豪華絢爛な結婚式が主流であり、華やかなドレスや打ち掛けが依然として人気があります。もちろん、衣装は人気のあるものから予約で埋まっていきます。どれにしようか迷っていたら、いつの間にか予約が入ってしまったということは、衣装選びにおいてはよくあることなのです。そのため、衣装を選ぶ前にパンフレットを取り寄せるなどして、ある程度イメージを決めておくと良いでしょう。特に、ドレスは可愛らしいデザインが毎年登場するため、どれにしようか迷ってしまいますね。選択肢を絞って試着に望みます。

衣装の試着は必須!試着時の注意点

結婚式で着用する衣装の試着というのは、意外と着付けに時間がかかります。ドレスならとっかえひっかえ試着できると考えている人もいますが、それは少し甘い考えですよ。ドレスの場合、2時間の試着時間で最大4着が限度になります。この点を踏まえて考えるのならば、和装となると更に着付けに時間がかかり、2着の試着ができるかどうかというラインです。そのため、試着当日までに試着をする衣装を数点までに絞っておくことです。脱いだり着たりするのにはかなり時間を要します。その上、衣装の試着というのはとても疲れます。このような点を踏まえて、衣装の試着に臨む必要があります。衣装は時間と体力がかかることを想定しておくようにしましょう。

名古屋の結婚式場は予算や場所に合わせて選べます。アクセス便利な会場も多いため出席者にも優しい式場選びが実現できます。